uran music

うらん : 歌うたい 太鼓たたき 

LIVEのお知らせ【6/19(日)「サンバ・ナ・フア LIVE at 反原発美術館」@霞が関 経産省前テントひろば】

2016.06.08 (Wed)
サンバ・ナ・フアで、経産省テントひろば第二テント反原発美術館の絵の前で歌います!

20160619_sambanarua-tentmusium_omote.jpg

Samba não tem fim
Nuclear sim


サンバ・ナ・フア LIVE at 反原発美術館
霞が関 経産省前テントひろば第二テント内
Samba na Rua Live at Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent Museum
2016/6/19(日)
無料 雨天決行
16:30~ サンバ・ナ・フア ライブ
東京の路上で生まれたサンバと リオのファヴェーラで生まれたサンバ 反原発美術館にてお届けします
17:30~ ギャラリートーク
反原発美術館のコーディネーター早川由美子さん(ドキュメンタリー映画監督)が展示作品や反原発美術館の成り立ちを解説します

※時間は状況により前後する場合があります
※経産省前テントひろばが撤去されるなどの事情によりこのイベントが開催できなくなる可能性があります
サンバ・ナ・フア Samba na Rua
2013年、官邸前反原発アクションで出会ったメンバーにより結成された音楽家集団。自ら主催する街頭での周知活動のほか抗議集会やデモにも参加し、自作曲とブラジル音楽の演奏を通して脱原発の声を発信する。グループ名は「路上(Rua)のサンバ」を意味するブラジル語。
〈メンバー(予定)〉
稲葉光(シトロン稲葉):Guitar
うらん:Vocal
ねこいち:Pandeiro, Perc.
ぽけぴか:Tantan, Ganza, Perc.
くま:Vocal, Melodeon
http://sambanarua.blog.fc2.com/
https://twitter.com/samba_na_rua

経産省前テントひろば 反原発美術館 Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent Museum
2015年12月5日、経産省前テントひろばの第二テント「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」にオープン。ドキュメンタリー映画監督の早川由美子さんがコーディネーターを務める。オープニング・イベントではテントの内側に直接ライブ・ペインティングが行われ、数々の作品を展示。その後もライブ・ペインティングや木版画ワークショップなど様々な企画が行われている。
年中無休・入場無料・開館時間12:00~20:00 (メンテナンスなど事情により休館の場合あり)
https://www.facebook.com/antinuketent2015/
〈参加アーティスト〉
281_Anti nuke
柚木ミサト
井上ヤスミチ
長谷川直美
A3BC:反戦・反核・版画コレクティブ
東京電力+イルコモンズ
ほか

経産省前テントひろば Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent
2011年9月11日、日本の原子力行政を担当する経済産業省への抗議の包囲中に経済産業省のポケットパークに誕生。以後5年半以上も24時間の座り込み・泊まり込みが継続されている。首都圏だけでなく全国的な反原発抗議行動の拠点として、シンボル的な存在となっている。原発について真剣に考える人々が訪れ、意見を交換しあい、表現しあう「これからを作る」場所。
http://tentohiroba.tumblr.com/
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-3-1 電話:070-6473-1947
20160619_sambanarua-tentmusium_ura.jpg

〈アクセス〉
東京メトロ丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ケ関」駅A12a出口
銀座線「虎ノ門」駅7番出口
都営三田線「内幸町」駅日比谷寄り出口


関連記事