uran music

うらん : 歌うたい 太鼓たたき 

LIVEのお知らせ【2016/ 1/24(日)「時々音楽祭」@千歳烏山TUBO】

2015.12.14 (Mon)
次回イベント「時々音楽祭」のお知らせです!
ラテン・ブラジル・アフリカ音楽のラインナップで、原発や戦争など社会的問題を共有しつつ、ゆったりまったり、飲んで食べて踊って、楽しいイベントになりそうです☆

フライヤー画像と出演時間を追加しました(2015/12/25)

20160124_tubo_omote_a4_web.jpg

2016年1月24日(日)「時々音楽祭」
千歳烏山TUBO

open17:00 start17:30 (21:10頃終了予定) 2,000円+1order

Sometimes, Current topics.
Às vezes, Tópicos atuais.
時々のことを歌う、時々やる・・・かもしれない、小さな音楽祭。

原発のこと、戦争のこと、いろいろなこと。
時々、まじめに考えてみる。
時々、力を抜いて心地よいことしてみる。

<出演>
17:30~ チキリカ (ゲスト:ケペル木村 (アフリカンポップス-日本語オリジナル)
18:50~ Los Lavaderos (ラテン、ブラジル音楽、その他)
20:10~ うらん+稲葉光 (ブラジル音楽-日本語オリジナル~スタンダード)
千歳烏山TUBO
http://www.geocities.jp/tubo_kuma/r/flame.html
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-8-7楽多ビル2F
TEL/FAX:03-5313-8151
<アクセス>京王線「千歳烏山」は「新宿」から準特急で12分。「明大前」からは急行で6分。
「千歳烏山」駅より徒歩約5分。西口改札を背に左手の階段を上り駅北側へ、目の前の「6番街商店街」を直進、突き当り(旧甲州街道)を左折、約30m先「烏山総合支所」交差点の左手の楽多ビル2F。(1F「烏山整体センターFeel Fine」)。
木の内装の心地よいお店で、お酒の種類が豊富、美味しくてお手頃なメニューも色々。雨水を利用した水洗トイレとエレベーター、どちらも車イスOKのバリアフリーな建物です。

チキリカ アフリカ音楽をベースに、日本語オリジナルの音楽をめざし結成。「南半球系」を旗印に、世紀を超えて活動を続けている。ギニア出身のエピゾ・バングーラ、ジンバブエのジャナグル、といったアフリカのミュージシャンのオープニング・アクトをつとめ、MUTE BEATの故・松永孝義氏にも評価された。現在は都内ライブハウスなどに出演中。今回はブラジル音楽のケペル木村氏をゲスト・パーカッションに迎えての特別編成。
平尾吉直(Vo., Gt.) 今奈良誠(Gt.) 石井鶏太郎(Ds.) 雨村洋子(Key.) 澤田浩之(B.)
http://sound.jp/tikirica/
平尾吉直さん「時々音楽祭」FBイベントページ

ケペル木村 (ゲストPer.) : ブラジル音楽ライター&打楽器演奏家。東京生まれ。中学時代に音楽に目覚めてドラムを始める。1978年から各種パーカッションも手掛ける。1986年にブラジルに3ヶ月滞在、その後に打楽器奏者としてサンバチームやいくつものバンドで演奏。いまはブラジル北東部のダンス・ミュージック=フォホーForróを専門に演奏するバンダ・フォホー・レガウとトリオ・ボン・ヂマイス!!!でザブンバという太鼓を演奏をしている。

Los Lavaderos (ロス・ラヴァデロス) 2013年春、新宿のCafe★Lavanderia(洗濯屋さんの意)で誕生したので「Los Lavaderos(洗濯板)」。毎月、月末の金曜夜に「ラテンピアノナイト」というライブを開催。2015年に入り、各地のカフェ、ジャズフェスなど、ご縁のあったところでも演奏するようになりました。気軽に楽しめるスタンダードや映画音楽から革命歌、オリジナル曲まで、幅広い ラテン音楽を演奏します。
山本恭子(Tp., 作曲) 石垣真里子(Acco., Cl., Vo.) 中嶋’トリニダード’道隆(Per.)  松本卓也(B.)  赤井康男(P., Gt., Vo., 作編曲)

うらん(Vo.) : 西アフリカの太鼓とダンス、タンザニアの親指ピアノなどを学んだ後、声や打楽器を駆使した有機的な音楽性で演奏活動を始める。2012年、反原発アクションの場での出会いをきっかけに、稲葉光が主催する「Samba na Rua」 (サンバ・ナ・フア)に参加し、歌と打楽器を担当。社会にコミットするアートワークを多数手がける。現在、ブラジル音楽のエッセンスを感じさせる歌声と多彩なレパートリーでライブ活動を行っている。「時々音楽祭」主催。

稲葉光(Gt.) : サンバ、ショーロ等ブラジル音楽を中心にギター、カバキーニョー、打楽器による演奏活動を行う一方、映画やゲーム音楽など多方面で作曲、アレンジ、音楽製作を手がける。「シトロン稲葉」名義で脱原発歌謡を制作、脱原発を表明する音楽家集団「Samba na Rua」 (サンバ・ナ・フア)を主宰。



チキリカのボーカル&ギター平尾吉直(ひらげ)さんは、アフリカやアフロ・アメリカン文学の研究者で大学講師のかたわら、音楽活動では「ひらげエレキテル」としてソロ弾き語りもされています。はるか昔、ネットでラーメンを検索してひらげさんの日記ブログにたどり着いたのが私にとっての最初の出会い(一方的)。その後、私が学んでいた西アフリカの太鼓とダンスのクラスに弟さんが参加するようになったり、その弟さんが私の友人と結婚したり、私も少し関わっている親指ピアノのイベントで毎年ひらげさんが司会をしていたり・・・とつながりはありつつも、演奏でご一緒するのは今回初めて!長年の夢が叶ったような気持ちです。

Los Lavaderosのトランペットの恭子さんは、2012年の夏に官邸前国会前の金曜の反原発抗議行動で出逢い、サンバ・プラネッタの演奏やデモや、国会正門前のファミリーエリア(当時)などでご一緒しました。今回、Los Lavaderosさんとライブイベントをできることになってとてもワクワクしています。

居心地の良い千歳烏山TUBOの美味しいお酒と食べ物、楽しい音楽にゆるゆる体をゆだねたり踊ったり、いろいろな問題のことも話して見たり・・・・そんな「時々音楽祭」ぜひいらしてください。

<フライヤー>
↓印刷用(見開きA4サイズ片面)データ こちらからダウンロードできます(期限1月24日)
http://firestorage.jp/photo/39a4ef5af83fb4d4a582a7cd664b5538a1d49dd7

↓こちらは画面表示用 タップ(クリック)すると大きな画像が表示されます
20160124_tubo_a4_web.jpg

【時々音楽祭】チキリカ、今井くんはお休みですが、ブラジル音楽のパーカッション奏者ケペル木村さんと出演します。https://www.facebook.com/events/1657572791161716/

Posted by 平尾 吉直 on 2015年12月28日



関連記事