uran music

うらん : 歌うたい 太鼓たたき 

LIVE報告:2014/11/26(水)「うらん with 稲葉光 中村順一 ライブ」@千葉カフェノッサ

2014.12.23 (Tue)
2014/11/26(水)、千葉駅北口のブラジル・カフェ「cafe nossa」さんでライブをしました!気温も低く、雨の降る荒天の中、おいで下さったみなさま、ほんとうにありがとうございました!

2014年11月26日(水) 生きる☆ブラジル!「うらん with 稲葉光 中村順一 LIVE」 千葉カフェノッサ
Samba and original Anti-Nuke songs Live at "Café nossa!" (Chiba city, Japan) 11/26/2014

カフェノッサでのライブの様子(1)

ブラジル音楽演奏家としてベテランのお二人、稲葉光さんのギターやカバキーニョと、中村順一さんの多彩なパーカッション、すばらしい演奏にのせ、サンバのスタンダード曲と、稲葉さんの脱原発歌謡、そして私の自作曲を歌いました。
中でも、稲葉さんの「危険な燃料棒」はサンバ・ジ・クアドラ形式で作曲されたもの、いつか、エスコーラで演奏されたり、サンバのライブで歌われたら良いのに、と願っていたのですが、思いがけずも自分で実現することとなりました。
カフェノッサでのライブの様子(2)

お客様は原発問題の知識がある方ばかりでしたので、曲の紹介にそえてサンバの歌についてお話しました。
羽根飾りをつけた露出の高い衣装の女性が踊る、「お気楽な、おちゃらけた」音楽、日本ではそんなイメージを持たれることがありがちなサンバ。しかし、サンバは、ブラジルの都市リオデジャネイロのスラム街、ファベーラの丘に住む人々から生まれ、楽しそうに聴こえるけれど、実は切ないしみじみとした歌詞が多いこと。ブラジルで「このサンバは良いねえ」と言う時、踊りやリズムよりも多くは歌詞を指していること。数少ない女性の作曲家の一人で、人々から愛されているイヴォンヌ・ララの、孤児院で音楽教育を受けた生い立ち、そんな内容を、稲葉さんと私とでお話しました。
結果として「生きる☆ブラジル」のサブタイトルに合ったライブにできたのではないかと思います。

● Youtube動画:<ダイジェスト>


うらん Uran : Vocal, Chilimba, Berimbau.
稲葉光 Hikaru Inaba : Guitar, Cavaquinho, Chorus, Berimbau.
中村順一 Junichi Nakamura : Moringa, Conga, Cajón, Pandeiro, and other percussions.

<set list>
■ 1部
1. タンザニアの親指ピアノ(チリンバ)、ブラジルの壺(モリンガ)­、ギターのセッション
2. 「原発なくたって」(曲・詞:シトロン稲葉)
3. 「Minha festa」(Nelson Cavaquinho)
4. 「感謝の歌」(曲・詞:シトロン稲葉)
5. 「Tristeza」(Harold Lobo , Niltinho)
6. 「子守唄」(曲・詞:うらん)
7. 「Alvorada」(Cartola)
■ 2部
8. ビリンバウ2本とコンガのセッション
9. 「さよなら原発」 (曲・詞:うらん)
10. 「Mas quem disse que eu te esqueço」(Dona Ivone Lara)
11. 「廃炉節」(曲・詞:シトロン稲葉)
12. 「危険な燃料棒」(曲・詞:シトロン稲葉)
13. 「A voz do morro」(Ze Keti)
14. 「Até amanhã」(Noel Rosa)
15. 「Tristeza」(Harold Lobo , Niltinho)
Encore:「感謝の歌」(曲・詞:シトロン稲葉)
★リンク先に歌詞や意味を載せています。

カフェノッサでのライブの様子(チリンバ)
1部1曲目。東アフリカ・タンザニア、ゴゴ族の伝統的な親指ピアノで小型の「チリンバ」。タンザニアは鉱物資源が豊富ですが、首都ドドマ近郊の土壌からウランなどを吸着するする細菌が発見されたというニュースが2011年に報じられています。
★放射性物質吸い取る細菌 タンザニアで発見 (北國新聞:石川のニュース 2011年5月27日)

カフェノッサでのライブの様子(モリンガ)
中村さんが演奏していた「モリンガ」という壺型楽器。インドやアフリカにも同型のものがあり、その土壌の成分により音が違うとか。ブラジルのものは赤土で音が柔らかいそうです。

カフェノッサでのライブの様子(ビリンバウ)
2部1曲目。ビリンバウ2本とコンガのセッション。弓のような楽器ビリンバウは格闘技「カポエイラ」で演奏され、アフリカからブラジルに連れてこられた奴隷たちをルーツとしています。2本とも稲葉さんが竹を曲げピアノ線を張って製作した手作りのビリンバウです。

<この時のフライヤー>
フライヤー_2014/11/26千葉カフェノッサ
このポーズはビックリしてるのではなく、一遍上人のように口から歌が飛び出しているイメージ・・・でした・・・orz

千葉 カフェノッサ cafe nossa!
千葉県千葉市中央区松波1-14-11-102 TEL:043-216-2929
http://cafenossa.com
https://www.facebook.com/CafeNossa
★私が書いた渾身のリポートもどうぞ!→ お店紹介:千葉のブラジル・カフェ「cafe nossa!」

カフェノッサ店長の関さんには「日本語のサンバのオリジナル曲も歌います」と伝えていましたが、内容が脱原発と説明しておらず、ちょっとドキドキしながら当日を迎えたのでした。しかし終わった後で「原発の内容が多くてビックリしたけど、日本語が判りやすくて良いですね」と言っていただけたので、ほっとしました。どうもありがとうございました。

Muito obrigada!!



脱原発ソング 反原発ソング プロテストソング Protest song original Anti-Nuke song
関連記事